2022年01月17日

阪神淡路大震災から27年

戦後初の大都市における直下型地震であった阪神淡路大震災。27年前の午前5時46分にそれは起きました。
それまで神戸に大きな地震は起きないという安全神話的なものがあったというお話を元兵庫県知事の貝原氏が執筆した著書に記していたという記事を目にしました。

また、先日の報道番組の中で震災の恐ろしさや教訓を語り継いでいく語り部の後継者問題についても目にしました。

「戦後最大」や「戦後初」と形容される、まさしく想定外の災害が多発している近年の日本においては、確証の無い安全という思い込みこそが被害を大きくする一因ではないかと思います。

また、時間の経過とともに風化していく記憶をいかに繋いでいくのかも大きな課題です。戦争しかり、大規模災害しかり、語り部となる方々が繋いでいこうと思っていらっしゃる事は恐怖や悲惨さだけではなく、そこからいかに学び取り、今後の社会に生かしていくのかということが大きいのではないかと私は思っています。

私が生まれたのが戦後30年の時です。私が子どもの頃、戦争が遠い昔のことと感じていたように、これから生まれてくる子どもたちも阪神淡路大震災の発災は遥か昔のことと思うことでしょう。

日々の準備を怠らないためにも、安全神話にとらわれない記憶の紡ぎが必要です。
posted by なんざい at 09:40| 活動報告

2022年01月14日

臨時議会

昨日、臨時議会が開催され臨時特別給付金事業に関わる予算案等を含む議案が可決されました。
現在、日本中で新型コロナウィルス感染症の陽性者の数が再び大幅に増加してきており、富田林においても昨日、一昨日とかなりの数の方の感染が確認されています。また、市内小中学校においても数校が臨時休校措置をとらざるを得ない状況となっています。

それぞれにおいて今一度、マスクのしっかりとした着用や手洗いうがいの励行など基本的な感染対策の徹底をしましょう。

発熱などの症状が出た場合はかかりつけ医にご相談されるか、保健所にご相談ください。

大阪府富田林保健所新型コロナ受診相談センター(24時間対応)

 電話番号 06-7166-9911

posted by なんざい at 09:53| 活動報告

2022年01月03日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
穏やかな新年をお迎えになられた事と存じ、謹んでお喜び申し上げます。

今年もまだまだ新型コロナウィルスの影響はあらゆる方面において続くと思われますが、それでも少しずつではありますが、普段の日常が戻ってきている感もございます。

このお正月も久しぶりにご家族とお会いになったり、水入らずの時間を過ごされた方々も多いのではないでしょうか。

その様な幸せな時間が皆さんのもとに恒常的に訪れる事を切に願う次第です。

今年も誠心誠意、全力で自らの職責を全うしてまいりますので、引き続きましてのご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

本年が皆さんにとって輝かしい一年となる事を心より願い、年頭のご挨拶とさせて頂きます。
posted by なんざい at 11:38| 活動報告