2017年12月07日

富田林にゾウがいた⁈

遡ること100万年前、この富田林にもアケボノゾウというゾウが様々な動物たちと共生していたらしいのです。
その証拠に市の中心を流れる石川の河川敷からはアケボノゾウや鹿の足跡の化石がたくさん見つかっています。

昨日はそんなお話を向陽台小学校にて子どもたちに混ざって聞いてきました。

会場となった教室には発掘現場の写真や、本物の化石なども展示されており、みんな興味津々。

太古の富田林に思いを馳せるひと時となりました。
IMG_6600.JPGIMG_6597.JPG
posted by なんざい at 09:03| 活動報告