2024年01月18日

あれから29年

当時20歳の大学生であった私も今や49歳。
ですが、大学の有志で組まれたボランティアメンバーの一員として被災地で支援物資の仕分けや配送など様々な活動に従事する上で、目にした被災地や被災者の方々の当時の状況は鮮明に思い出されます。

いま、能登半島地震に関する報道を見聞きするたびに、心が締め付けられます。

いま、できる事、すべき事を探しながら、自分なりの被災地支援を行っていきます。
posted by なんざい at 10:22| 活動報告