2018年07月01日

放課後子ども教室

以前の議会で、「放課後子ども教室」の充実を通して、子どもたちがより色々な体験や経験が出来るような場の提供が出来ないものかと提案させて頂き、このたび担当課の積極的なご尽力により実現しました!


水曜日には川西小学校にて「河内音頭保存会」の皆さんに講師となって頂き、子どもたちはこの夏の盆踊りに向け猛練習!


昨日には向陽台小学校にFC大阪の選手が来てくれ、サッカー教室が開催されました!

富田林市出身の大塚選手も来てくれてましたよ!


これからも、この取り組みが継続され、子どもたちが地域の伝統文化に触れる機会づくりや、夢を持つキッカケになればいいなと思います。


もちろん、その応援をしっかりしていきます!


河内音頭保存会の皆さん、FC大阪の皆さん、そして子ども教室に携わって頂いているボランティアの皆さん、ありがとうございました!今後ともよろしくお願いします。

60ACA31E-F710-4A32-9CBA-A008D2F4F27B.jpegED6C6DE4-2C08-41EA-AB40-DF98F7191179.jpeg8198B364-FBAA-433B-B1A7-96705A6B53D0.jpegEB41706B-5AC2-4391-AB82-852B3A01EC08.jpeg00153553-131C-4F8C-8606-302394A75781.jpeg
posted by なんざい at 21:21| 活動報告

2018年06月29日

災害ボランティア

昨日、先日の地震で被害を受けた高槻市にボランティアへ行ってきました。


午前は高槻市災害ボランティアセンターにてボランティア登録を行った後、指定された派遣先へセンターの自転車で向かいました。


地震によって動いてしまった大きな家具を移動したり、倒れた家具をもと通りに。また大きく歪んだカーテンレールの補修などを行いました。


午後からはバスで高槻市総合スポーツセンターに移動し、支援物資の配給のお手伝い。


土嚢や、ブルーシート、ロープなど市民の方々が受け取りにいらっしゃる対応や、物資の在庫整理などを行いました。


現場の職員さんに伺ったのですが、最近まではこの配給場所は24時間対応で行なっていたとのこと。現場では12時間交代でその業務に当たっていたそうですが、交代しても通常業務に就かなければいけない為に疲労がすごいと。。。


折しも私は今議会で災害時の対策本部の交代制の提案、そして有事に備えてのボランティアセンターに関わる準備等を質問致しました。


今回のボランティアでその必要性を改めて強く感じた次第です。


被災された皆様が一刻も早く元の生活に戻れることを心から願っています。


28FFF8B5-D7C9-4E55-A863-CC4DF395CC67.jpeg75796F53-CC49-4C63-AE8D-F190CE0BBD38.jpegACDC2F19-B101-4EF8-A383-9F3CBAEDFB41.jpeg4BCD6068-D257-4BC2-A53C-D1DCA9BACC1E.jpeg44A7239E-0CF4-4DE4-993D-9D38E6D59898.jpeg01126B73-4771-4B75-BF1B-1C100C531D18.jpeg1594FE97-A4C7-45A1-9402-B406F33812F1.jpegC2C297A3-AA72-4455-9D05-0C9EA0824CB2.jpeg
posted by なんざい at 09:10| 活動報告

2018年06月22日

一般質問

先日、本会議にて一般質問を致しました。
行った質問内容は以下の通りです。

:本市の人口減少の現状と課題、その対策について
@人口減少の要因とも推測される働く場所の確保に関しての課題認識と対応策について
A大阪狭山市・羽曳野市・河内長野市と本市との住宅事情における過去からの比較結果、ならびにそれに伴う人口移動に関しての所見について
B本市が行ってきた居住・定着を促す取り組みの内容、また転出を抑制するための取り組み内容の進捗について
C大阪狭山市・羽曳野市・河内長野市と本市との子育てに特化した事業に関しての取組内容の比較結果とそれに伴う人口移動に関しての所見について

2:本市の災害対策について
(1)災害対策本部のあり方について
@昨年の台風21号発生時における災害対策本部の状況
A災害対策本部の設置が長期に渡った場合、またはそれが予測できる時には交代制により、機能を維持する事が必要と考えるがその件に関しての見解を問う
B災害対策本部の交代制実施に向けた場所の確保について
C職員備蓄について
(2)ボランティアセンターについて
@被災時におけるボランティアセンターの設置までの過程について
A社会福祉協議会と連携し、ボランティアセンター開設のシミュレーションを行う上で、課題の検証を行うとともに、市も協力しその課題対応を行うべきと考えるがその件に関しての市の見解を問う

3:千葉市のスマートフォンやAIを利用した市民協働の仕組み(ちばレポ、マイシティレポート)を視察して
@LINE@を利用した市民から市への情報提供、市から市民への情報提供の仕組みの構築を
ALINE@などのSNSを用いた情報収集・発信専門の担当課が必要ではないか

4:障がい者施策について 
@障害者差別解消法制定に伴う本市の見解および取り組みについて
A手話言語条例の制定について

5:「子育てするなら富田林」をより具体的に進めるには
@神奈川県川崎市の「子どもの権利に関する条例」を視察して
A「子どもの生活に関する実態調査」の分析を踏まえた事業点検と、「こどもの居場所づくり」等の施策展開について
B子ども議会の開催に関連して、本市の「子どもに関係する条例」の制定について

6:市民協働を具体化する取り組みについて
@「ひょうごふれあいランニングパトロール」を視察して

また、詳しい内容はニュース等でお知らせ致します。
posted by なんざい at 10:56| 活動報告